heavysnowker

スノーボードブログ | rew outerwearや、TRITON BASICS TKY、VOLUME Gloves,などをデザインするakila30のブログが登場!

    rewデザイナーのブログ 「ロックで行こう!!」

    rewデザイナーのブログ 「ロックで行こう!!」タイトルロゴ画像

    【ロックナビゲーター】の記事一覧

    皆さんも見た人が多いと思いますが、ちょっと前に「This is it」見てきました。
    感動しました。マイケルジャクソンの凄さにただ、ただやられただけでした。

    今までマイケルジャクソンが、好きだった訳ではないのですが、
    とにかく彼の凄さを思い知らされました。

    僕は、心のどこかで、ほんとはゴーストライターとか演出家とかいるんじゃん!って思っていました。
    でも、この映画を見たら、誤解が解けて、マイケルのすごさを知りました。

    彼は、人類の宝だったんだな〜と思ってしまいました。

    人類はとんでもない物を失ってしまった。

    MJほどの才能が今後出てくるんだろうか?

    これはかなり難しいことだと思います。

    ロンドン公演生で見たかったです。

    MJの死は残念でありません。

    本当に悲しい。

    ただ、この映画で新しい天才を見つけました。

    それが、オリアンティ・パナガリスです。(オーストラリア出身の24歳)

    誰だそれ!ってリードギターの女の子です。

    とにかくルックスもかっこいいけど、ギターブレーがかっこ良すぎる。

    最初、BEAT ITのソロで、もしかして、バンヘイレンが出てくるの?って思ったくらい。

    とにかくかっこいいので、YOU TUBEをチェック!

    http://www.youtube.com/user/OfficialOrianthi

    こんなかっこいい女の子のギタリストは初めて見た。

    もち、ソロのアーティストなのでCDも出てます。

    CD買わなければ!

    「ACCORDING TO YOU」かっこいいです。







    シルバーウィークですが、仕事してます。
    様々なデザインの仕事が終わらないので、しょうがないです。
    スノーボード関係の仕事はこの時期忙しいので。

    それから、今期のデリバリーはまさに始まっています。ぜひお近くのショップに商品を見にって見て下さい。なかなかカッコいいウェア作ってますんで。
    RIMG0001

    さて、本題です。
    来期のウェアのデザイン業務全て終了しました。
    工場への50ページの指示書が完成しました。
    後は、サンプルが上がってくるのを待つだけです。
    長かったけど、楽しかった半年でした。
    後半少し精神的に不安定になったけど、頑張りました。

    僕は、ストレスが溜まると買い物(主に洋服/バックなど)か
    サーフィンでストレスの発散をします。しかし、
    ウェアは終わったけど、グローブとか小物とかまだ全然終わってないんで。
    もう少し我慢です。
    と言うことで、まだ、海にも買い物にも行けてません。

    今回のデザインしてる時ヘビーローテしていたCDを紹介します。
    1枚目は真心ブラザーズのGOODEST。
    GOODEST

    言わずと知れた真心ブラザーズのベスト盤です。
    僕の好きな曲結構入ってます。
    モルツ、スピード、人間はもう終わりだ、ENDRESS SUMMER NUDEかな。

    真心ブラザーズは同世代のバンドで頑張っている人たちなので、結構好きです。
    ギターの桜井君が他のバンド(びっくりしたなモウ)をやっているとき、
    下北沢の屋根裏で見たことがある。ギターがうまいなってって印象だった。
    ファンクっぽい曲3人でやっていたと思う。

    二人とも別のバンドやっていて、テレビの企画で組んだユニット
    が今も続いているって凄いことだと思う。

    真心は早稲田のサークル出身で、このサークルからは、カステラ、ピーズ(あびさん)
    などもこのサークル出身だったはず。間違ってたらごめんなさい。

    とにかくこのCDは、お勧めです。
    ARCTIC

    次は、イギリスのガレージパンクバンド、ARCTIC MONKEYS。
    この、WHATEVER PEOPLE SAY I AM, THAT'S WHAT I'M NOTは1ST ALBUM。

    友達に薦められて、買って見ました。
    実は、僕の大好きな雑誌、TV BROSにも出てたので気になっていました。
    買って見たら、びっくりのかっこよさ!
    20そこそこのバンドとは思えません。
    とにかく良いので、気になった人は聞いてみて下さい。

    最新のCDも出てるみたいです。僕は持っていませんが。


    久々の音楽ねたでした。






    変な天気が続いていますが、みなさんいかがお過ごしですか?
    来期のウェアはもちろん、グローブのデザインも終了し、やっと一息です。

    willco
    超満員のリキッドルーム

    ということで、行ってきました。
    ウィルコ・ジョンソン vs The ピーズ!
    場所は恵比寿リキッドルーム。
    ピーズはもちろんかっこ良かったし、さすがにハルさん、あびさんテンションあがってました。
    だって、ウィルコと対バンですから。

    ピーズの新曲「絵描き」凄くよい曲です。
    又、名曲を生み出してしまった。
    天才ハルさん。
    PVも面白いのでぜひYouTubeでチェックして下さい。
    主役の女の人はさて誰でしょう?
    みんなが知っている人です。


    さて本題。
    ピーズ終了後、ウィルコバンド登場。
    初めて見る生ウィルコかっこ良かったです。
    ギターの音かっこ良かった。(当たり前か!)
    アンプがフェンダーのツインリバーヴかな?
    小さいの一台で凄いカッコいい音出しまくってた。
    ギターもテレキャスでクリアな音が出てました。
    天才ベーシスト、ノーマン・ワット・ロイのプレイも生で見れて
    満足でした。凄いなーと感心するばかりでした。
    格好良すぎです。ウィルコとノーマン。
    ヤバすぎるおやじ二人組でした。
    マシンガンギターも、ピックを使わないスタイルも健在。
    とにかく、幸せな夜でした。

    山田辰夫さんが永眠しました。
    あまり有名な俳優ではないと思うけど(有名かな?)、僕はかなり思い入れがある。
    僕が高校生のとき見に行った、二本立て映画「爆裂都市/バーストシティー」「狂い咲きサンダーロード」
    で狂い咲きサンダーロードの方の主役だった。
    どちらかというと、爆裂都市の方がメインで見に行ったんだけど、「狂い咲きサンダーロード」山田さんの演技に衝撃を受けたのを覚えている。
    声が特徴的で、映画も凄く印象に残っている。

    内容は、暴走族の抗争を描いた物だったと思うけど、足がなくなっちゃったのを覚えている。
    詳しくは覚えていないので、皆さん自分で見てみて下さい。
    石井聰亙監督の大学の卒業作品です。
    音楽はTHE MODSの曲が使われていました。

    今の不良映画の原点的作品なのかなと思う。
    ぜひ見てみて下さい。

    山田辰夫さんとロバート・ネッパー(プリズンブレイクのティーバック)が少しかぶるのは僕だけでしょうか?
    声が特徴的でリーゼントってとこだけか?

    ロバート・ネッパーは、吹き替えの若本規夫さんが特徴的なだけか?

    山田さんの
    ご冥福をお祈り申し上げます。

    外は梅雨のまっただ中って感じです。
    でも、来期の冬に向けての作業は続きます。
    既に、次の次のシーズンのサンプルがあがってきました。
    まだ、プロトタイプですけど、新しいことにかなりチャレンジした割には、いい出来です。
    これは、期待できます。やっぱり、工場や、パタンナーなどとの意思の疎通は相変わらす、いい感じです。
    なんせ、11年間同じメンバーでやってるからね。
    みんなの協力なくしては、このブランド達は、成り立たないんだなと思う今日この頃。

    さて、本題です。
    最近になって、やっと少しずつ、忌野清志郎の死を実感しつつある。
    とは言ってもまだ、信じられない気持ちが90%ぐらいだけどね。

    昔の清志郎の映像を見ていると、尖ってるな〜と、勢いがあるな〜って感じがする。
    もちろん、歳を重ねた清志郎、悪いという訳ではない。それは、それで、良い感じだと思う。
    しかし、若い清志郎やチャボはかっこ良かった。それを回数は少ないけど、生で見れたことは幸せだった。
    清志郎の挑発的で生意気な感じの振る舞いや、目つきは本当に魅力的だった。そして、かっこ良かった。
    ある程度の歳になって、「若いって凄い」って正直思った。(もちろん僕もまだまだ若いです。)

    そろそろ、昔のRCのCDを買いそろえようと思う。彼の歌をまた聞きたいって思うようになってきた。
    若い頃の清志郎の歌が聞きたくなった。歳をとった清志郎のCDはまだ買いたくないので、その気持ちが出てきたときに又買うことにしよう!(もちろん最近の清志郎もカッコいいです。歌も結構好きです。)

    そう、若いと言えば、また、若い力が、リトルビーファミリーに加わりました。
    宮本 恭伸(25)と言います。
    こいつが、TRITONに刺激を与えて行くはずです。
    そして、イケメンなので、皆さんチェックです。滑りも行けてます。

    yasunobu 2yasunobu 1
    尖っていて、勢いのあるライダーに育ってなってほしいですね。
    「愛し合ってるか〜い!」

    live house monster
    25周年ライブもよかったけど、25周年記念アルバム「ライブハウスモンスター」はカッコいいので、ぜひ買って下さい。

    何でも続けることは大変なこと。
    僕も、最近業界の人や、友達やらに、「rewを10年続けてるってすごいよね!」
    ってお誉めの言葉をいただくことが良くあります。
    しかし、10年なんて、まだまだ、子供みたいなもんです。

    そう、僕が好きなバンド「ニューロティカ」は、な、なんと25周年を迎えました。
    しかも、本人も言っている通り、現役バリバリのパンクロッカー!
    衰えを知らない!

    基本的にはメンバーチェンジしているので、ボーカルのアッチャン(ルーフって昔は呼ばれていました。)
    が25周年ってことだけど、メンバーも祝福してました。

    僕と、ニューロティカとの出会いは、22〜23年前。
    僕が大学生か高校3年位のことだと思う。
    インディーズレコード屋さんで買った、一枚のソノシート(ペラペラのレコード)。
    「青いお空に」って曲が入ってました。演奏も決して上手くなかったと思うけど、
    なんか引かれる物があって、ファンになった。

    それから23年、まだライブを見に行ってます。

    ニューロティカのライブは、行くと元気になります。嫌なことは、忘れてしまいます。
    お客さん達はみんな楽しそうに笑ったり踊ったりしています。

    嫌なことがあったり、仕事に行き詰まると、僕はニューロティカのCDを聞きます。

    だから、rewはあっちゃんに何度も救われています。もちろんあっちゃんは知りませんが。

    これからも救われるだろーな!

    やっぱりニューロティカ最高!











    トラブルドキッズ
    これが田中一郎がいる最後の作品「トラブル中毒」。名作です。このジャケットも格好良すぎです。高校生のとき、貸しレコードやで借りて録音したのを思い出した。だからこのレコード持っていません。イラストレーション「ryo」って書いてあるけど、凌が書いたのかな?


    再来期のデザインも終了して、工場ででサンプル作る手配をしてきたので、仕事は、一旦一段落です。これから何度も手直ししなきゃ行けないので、スタートって感じですけど。しかし、デザインのスタートが毎年早くなってきてますが、ウェア自体も複雑になっているし、お金も時間もかかる物も多いので、ちゃんと打ち合わせをしておかないといけないので、しょうがないか。さぼると、展示会に中途半端な物を出さなきゃ行けなくなるので、いまが頑張りどころですな!むち打って頑張ります!

    さて、本題です。ずっと考えていたことですが、このブログ自体方向性もおかしくなってきているし、言いたいことや、やりたいことができなくなっているので、このまま続けて行って良いのかと最近考えています。もちろん自分の責任もありますが・・・。ただロックや、スノーボード、サーフィンを愛する気持ちは変わらないので、なにか出来ないのかと悩み続けているんです。そしてずるずるやっているんです!たまに書きたい時だけ。

    僕をロックの世界に引きずり込んだ清志郎が死んでしまったし!あの出会いが無ければ、もっとまともな大人でもっとまともなサラリーマンだっただろう!もちろんそうならなかったことに感謝しています。
    常にやりたいこと、言いたいことを言い続けてきた清志郎は本当にすごい。カッコいい大人でした。
    ここまでは単なる独り言。このブログはどうなるかは、もう少し考えます。

    さて、本題です。僕をロックの世界に引きづり込んだもう1つのバンドが「ARB」。ARBのことを、このブログではあまり書いたことが無いと思うので、ちょっと紹介します。興味を持ったらCDを買って下さい。

    ARBは、僕はギターバンドだと思っている。もちろん石橋凌の歌や、詩の世界も魅力的なんだけど、田中一郎のギタープレイがとにかく際立っていると思う。第一期のBAD NEWSからトラブル中毒までの5作品を指すのだけど、どれをとってもすばらしい作品!この頃がとにかくよいんだな。人それぞれ、意見があると思うけど、僕は、田中一郎のいるARBが一番好き。ギターのフレーズや音もソロも全部好き。決して難しいことやっている訳じゃないと思うんだけど、とにかく凄く良いんだ。ぜひ聞いてみてほしい。
    高校のとき、とにかくARBのコピーをよくやってました。凌のまねしてベレー帽かぶってました。
    とにかく僕のヒーローです。

    もう、僕は、ヒーローは失いたくないんです。石橋凌と田中一郎とキースのARBがもう一度見たいです。何が起こるか分からないので。凌が俳優をやっているのはあまり見たくありません。やっぱりマイクをもって歌ってほしいです。そして、あの頃見たいに熱いライブを見せてほしいです。
    (清志郎もそうですが、やっぱり清志郎、チャボ、リンコ、新井田耕造、G2、ブルーデイズホーンズのRCサクセションがもう一度見たかったです。もう見れませんが。)

    でもくよくよしてません。

    LET'S ROCK!


    このページのトップヘ