heavysnowker

スノーボードブログ | rew outerwearや、TRITON BASICS TKY、VOLUME Gloves,などをデザインするakila30のブログが登場!

    rewデザイナーのブログ 「ロックで行こう!!」

    rewデザイナーのブログ 「ロックで行こう!!」タイトルロゴ画像

    【ロックナビゲーター】の記事一覧

    hdr_01


    今回は、このブログの本当の趣旨でもあるロック普及のお話。(大げさだけどね)
    久々にライブに行ってきました。
    家から、20〜30分で行けるライブハウス「恵比寿リキッドルーム」ここは、音もよくて近くて便利。
    出演アーティストは、僕のフェイバリットバンドの、ピーズとフラワーカンパニーズ。
    今回は、こんな最高の組み合わせのライブってなかなかない。
    ピーズも最高!フラワーカンパニーズも最高でした。
    次は、フラカンの渋谷です。楽しみです。

    僕は、凄く幸せだと思っている。
    なぜ?って思いますよね。
    それは、沢山のいい歌、いいバンドに出会えているから。
    日本のロックは、やはりマイナーな分野。
    でも、現代なら、昔よりも簡単に出会える。インターネットがあるからね。
    でも、こちらから捕まえなければ、出会うことができない。

    中学生の僕は、それを捕まえにかかった。
    そして見事に捕まえた。だから、いい歌、いいバンドに出会えている。
    そして、今もなお、そのロックに支えられ、楽しませてもらっている。

    このブログを読んでいる人にも、そんないい歌に出会ってほしいと思いこのブログを始めた。
    (たまに宣伝もあるけどね!それは、ご愛嬌ってことで)

    だから、このブログで紹介した、バンドや歌は、ぜひ聞いてみてほしい。
    そして、気に入ったらライブに行って、そして、CDを買ってほしい。

    やっぱりライブはいいですよ。ライブハウスはいいです。あの雰囲気は忘れられない。
    大学生の僕は、ステージ側に立ちたくて、必至にライブハウスで歌を歌っていた。
    もがいていたね。
    でも、僕には、大きなチャンスは回ってこなかったし、才能もなかった。

    だから、今は、見る側、応援する側です。

    ピーズには、沢山の名曲があります。「生き延ばし」「からあげ」「くずになってGO」など沢山あります。フラカンにも沢山あります。「深夜高速」「脳内百景」「発熱の男」などなど。
    とにかく、みなさん聞いてみてください。全てはそこから始まります。

    この歌やバンドを聞いて、rewやtritonが目指している方向(イメージ)が、分かってもらえたら
    僕はよい仕事をしていることになる。
    そう、僕が作るプロダクトは、こんな歌やバンドをイメージしてデザインしているんです。
    上手く言えないけど、そんな感じなんです。

    けっして、ポップスや、ドームなんかでライブするバンドじゃなくて、小さいけど、濃い、そんなブランドやプロダクトを作りたいんです。
    わかりずらいですね。でも、そんなブランドでいたいんです。


    http://www.youtube.com/watch?v=bWOKadgEoxc&feature=related
    フラワーカンパニーズの「元少年の歌」


    http://www.youtube.com/watch?v=ZHWtEfGk6R4
    こちらピーズ「生きのばし」



    名称未設定 1
    このジャケットの写真も凄く好きです。いい写真だと思います。

    これがロックですかって?突っ込まれそうですが、まあどうでもいいことです。
    僕は、MY LITTLE LOVER のAKKOの声が好きである。
    別にそんなに歌がうまい(上手いけどね)訳でもないと思うんだけど、なにか透明感があってすてきな声だなって単純に思う。もちろんルックスも凄く好きなんだけど。全体に透明感がある。
    と言うこともあって、MY LITTLE LOVERが凄く好きである。
    別に全部CD持っている訳ではないけどね。

    そして、ずっと聴いていなかったMY LITTEL LOVERのCDを突然引っ張り出したのは、やはりJUJUさんのおかげだ。彼女が、カバーして、名曲を思い出した。「Hello Again~昔からある場所~」とてもいい曲だ。歌詞もいい。原曲はアレンジは少し古いけど、でもあのAKKOの透明感ある歌声はとても引かれまる。来期のデザインしながらヘビロテで聴いています。いつもは、ロックガンガンの時が多いんだけどね。

    この1STのCDには、他に「白いカイト」「Man & Woman」なども収録されています。
    どれもいい曲です。
    ベスト盤も出ているみたいなので、買ってみようかな。

    JUJUさんもあまり興味なかったけど、とても好きになりました。歌が上手くていい声ですね。
    でも僕は、AKKOの透明感がある声の方が好みです。好みの問題ですね。
    今の若い人にはJUJUの方がいいのかなって思います。アレンジも今風だしね。

    余談ですが、MY LITTLE LOVER の曲には「一人感」が漂っています。歌詞にもだけど。
    それが、よかったんだけど、この後、AKKOと小林武史が結婚した。「なんか微妙な感じになってしまったな」って思ったのを思い出します。その後、離婚しましたけどね。

    BUMP_030

    最近、お気に入りのCD。
    noodlesの「our first noodles」って言うベスト盤。
    最近グローブのデザインしてるんだけど、ヘビーローテしてます。
    特に「45」と「Grease」って曲がお気に入りです。
    noodlesは女の子の3ピースバンド。
    ジャンル的にはオルタナティブロック。
    分かりやすく言えば、ロックバンドです。
    軽快でとってもいい感じ。
    夏にいい感じです。

    ちなみにピローズの山中さわお君のデリシャスレーベルに所属してます。
    さわお君のお気に入りバンドってとこですね。

    ぜひ、聞いてみてください。

    ちなみにnoodlesって言うのは「ばか、まぬけ」って意味です。

    では、どうぞ!

    http://noodles.velvet.jp/

    http://www.youtube.com/watch?v=VJRq9hQUj4A

    久しぶりの更新ですな!
    デザインがんばって進行中!
    なかなかいいのができてます。(自画自賛)

    今日は、ロックの話。(ロックでもないか?)
    僕の好きなバンド「theピーズ」のB&Voのハルさんには双子の兄弟がいます。
    ハルさんは僕と同じ大学(世田谷にある仏教系の大学)ですが、トモ君は早稲田です。
    そんなハルさんの双子の兄弟のtomovsky(トモフスキー)を紹介します。
    まあ知っている人は知っていると思いますが、「カステラ」ってバンドの元ボーカルです。
    カステラのドラムの人の娘は子供の俳優の福田麻由子ちゃんです。
    これは余談です。

    この兄弟はまぎれもなく天才ですな!
    しかも二人とも絵もうまいんです。
    トモフはイラスト集なんかも出してます。
    ピロウズのジャケットにイラストを書いたりしてます。

    それでは、「我に返るスキマを埋めろ」をどうぞ!
    いい曲です。


    http://www.youtube.com/watch?v=SZUDd5eKjX0&feature=fvw

    久しぶりのリアルロックで行こうです。
    このブログの趣旨は本当はここにあります。

    今日紹介するのは「フラワーカンパニーズ」です。
    今年20歳です。
    実は僕もあまり聞いたことが無く、ピーズやニューロティカなんかともよく一緒にやっていたんですけど、まだライブも見たことがありません。
    CDも初めて買いました。

    でも凄く良いバンドでした。80年代のロックがそのまま今カッコいい感じです。
    特にお勧めは、「深夜高速」と「元少年の歌」(誘惑ラプソディー)って映画の主題歌です。
    とにかくyoutubeで見て、感動して下さい。

    まだまだ、日本にはいいロックバンドが沢山いるんだなって思いました。
    「10代はすぐ終わる、生きていればすぐ終わる〜」
    なかなかいい歌詞です。

    P4050361
    「フラカン入門」僕もまだこの一枚しか持ってません。まさに入門編です。
    これから前のCDも買って行こうと思います。



    忌野清志郎が死んで、その死を受け入れられず、未だにRCのCDは聞いていない。
    しかし、先日こんなことがあった。

    ある商店街の小さな本屋さんに、時間つぶしのために入った僕は、
    写真の本を見つけた。だけど、買うか迷っていた。

    しかし、5分ぐらい迷って、買うことに決め、レジにこの本を置いた瞬間、
    商店街のスピーカーから、聞いたことがある、イントロが流れてきた。
    「プップップー、煙草をすいなーがら〜」
    そうRCサクセションの「ぼくのすきな先生」。
    凄いタイミングだ。
    しかも「雨上がりの夜空に」とかではなく「僕の好きな先生」。

    こんなことってあるんだな〜。
    多分買って間違いなってことだ。

    そして、
    この本を読んだ後、RCサクセションの曲を聞きたいと思う。
    清志郎が死んでからの、封印を解いて。

    忌野清志郎がいなければ、僕は、スノーボードウェアの会社のデザイナー兼社長にはなっていなかっただろう。中学1年生の五厘刈りの少年の、進路と将来を決めてしまうほどの衝撃的すぎる出会いだったのかもしれない。

    僕の誇りは、「屋根裏」と言う同じ名前のライブハウスのステージに立ったことがあるということ。
    時代も違うし、もちろんレベルの差こそあるけれど。
    P3190357
    みなさんこの本は買いましょう。永久保存版です。

    やー、リトルビーのライダーは、いつもやってくれます。
    こんな吹けば飛ぶような小さなブランドのライダーなのにいつも凄い活躍を見せてくれます。

    伊藤ヨッシーのHPプロランキング2位。
    無名だったゲームお宅の尊人の大活躍。トヨタビッグエアーなど。
    昨年の平井TEKE孝典の全日本2位(スロープスタイル)。
    そして、世界のアッコのO'Neill Evolution 2010  8位

    そして、昨日速報が入ってきました。
    先日行われた、ユーロオープンで世界のアッコは、3位表彰台です。
    女子ハーフパイプの部です。

    このニュースは凄いことですよ。
    FONICA CC世界デビューです。

    もちろん世界のAKIKO MIWAの大活躍が凄いんですけど、
    彼女は、ウェア1セットしか持ってません。

    ケチった訳ではないんですよ。突然ライダーになることが決まった話なので。(言い訳です。)

    もっとあげないとダメだよね。世界のAKIKO MIWAですから。

    ごめんなさい、世界のアッコ!

    来年は待遇アップですね。

    詳しくは世界の三輪明子ブログで!

    http://ameblo.jp/miwakko


    このページのトップヘ