それでは、リトルビーで取り扱う(rew, TRITON, FRH)のフルテープシームのウェアを着た際に下に着るものについて説明したいと思います。

前回書いた通り、縫い目やウェアの隙間から、雪や水分が入ってこないことが前提です。GORE-TEXのウェアでも、もちろん少しは入ってきます。

th_th_2526_8256
th_2526_8259th_2526_8261


 1st レイヤー(アンダーウェア)
素材:ポリエステル素材の物がおすすめ。

コットンは絶対にダメ。普通のコットン(綿)のトレーナー、パーカー、Tシャツは、ウェアの下に着ては絶対にダメ。着れば着るほど、重くなり寒くなります。

コットンは水分を吸い込む性質があります。冷たい冷気も吸い込んで、ウェア内部を冷やします。更に速乾性がありません。そのまま水分を保持します。

なので、ウェア内部を冷やします。つまり、寒くなります。

又、レーヨンも同じくです。

つまり、某大手量販ブランドの○○TECはたしかレーヨンが入っていると思います。街中用としては良いと思いますが、スキー場や雪が降るところではあまりお薦めできません。

リトルビーでは、POLARTEC(ポーラーテック)社の素材とEKSLIVEを推奨しています。リトルビーでは、小さい会社では取り扱うことが難しいとされる米国POLARTEC社とライセンス契約を結び、今期よりPOLARTEC社の製品を取り扱うことが可能となりました。

th_DSC01798

弊社では、スノーボードやスキーは寒い場所でするスポーツなので、暖かい1STレイヤーを推奨しています。(各ブランドにより考え方は少しずつ違います。)

ベースは暖かく保って、2nd、3rd、アウターウェアのベンチレーションで調整するという考え方です。

今までBRAIN LAUNDRYとして販売していた、EKSLIVEも暖かいのですが、今期より、更に暖かいPOLARTEC POWERDRY HIGH EFFICIENCY素材の物をリリースします。

POLARTEC社は1985年に、今では定番となったフリース素材を世に送り出した会社です。つまり、フリースと言えばPOLARTEC社の物が本物ということになります。

POWERDRYは、マイクロファイバーの毛細管により広い表面積で、汗を分散させます。なので速乾性に優れています。

又、表面は滑りがよくレイヤリングしやすいフラットになっています。裏面は、効果的に汗を吸い上げつつ、保温力もあるグリッドフリース(立体のます目により表面積を更に増やし速乾性を増やし、立体のます目に空気の層も作り保温性も向上させる)になっています。

今回販売する1STレイヤーは着心地がよく暖かく、速乾性に優れています。通常の寒さであればこれ1枚でもかなりの暖かさを誇ります。

寒い日や極寒地では、この上にフリース(2ndレイヤー)を着ることをお薦めします。これは、又次の機会に説明します。

そして、今回パターンも全て一新しました。日本人のベテランパタンナーを起用し新たに動きやすく少しゆったり目のパターンを採用しています。

これは、この1stレイヤーだけでいてもあまり体の線が出ないように少しゆったり目のパターンを採用しています。サイズはXS〜Lまでで、XSサイズは上下ともレディースカットとなっています。

価格は、TOPS 10,900円税抜き。
BOTTOMS 10,900円税抜きです。

販売はお近くのリトルビーディーラー様か弊社ダイレクトオンラインショップで販売しています。

こちらからどうぞ!
http://littleb.shop-pro.jp

今なら、12,000円(税抜き)以上お買い上げで送料無料キャンペーン中!(11月末まで)ちなみにこちらの商品は定番商品ですので、セールにはなりません。

th_DSC01781

POLARTEC POWERDRYであることの証の下げ札

th_DSC01782

重ね着しやすいように表面はフラット。

th_DSC01783

裏面は暖かく、速乾性にすぐれたグリッド加工が施されています。

th_DSC01786

th_DSC01785

レディースカットのボトム。

th_DSC01780

こちらのパッケージに入っています。