リトルビーがホームとしている夏油高原スキー場に4日間のチームシューティング&プロダクトテストに行ってきました。今回もスノースタイル紙の取材も入っています。

今回のクルーは、rew原田尚輝、林崎哲也。triton宮本恭伸。カメラマンに板倉さん。
手伝いとして友人のMAB。そして僕。と言う感じです。
今回もフリースタイラー達がどのように想像力のあるパウダーライディングするのかをテーマに撮影に臨みました。
天候はもちろん吹雪〜吹雪〜ピーカン〜吹雪。
つまりほとんど吹雪で、毎日パウダー三昧。
しかし、ライダーが写らないほどの吹雪にも困った物です。

今回も夏油高原スキー場完全バックアップのもと、営業前にゴンドラに乗車し、ゲレンデ内を撮影。

午後からは、裏夏油会の方々の完全バックアップでのバックカントリー&サイドカントリーの撮影。

様々な夏油の斜面を滑り撮影。

ほとんど毎日ノートラックばかり滑った
あっという間の4日間でした。尚輝、テツ、板倉さんの延泊組は5日間ですけどね。
こちらの模様は来シーズンのスノースタイルで特集されます。

お楽しみに。

その他は、rew,TRITONの広告で見れると思います。

今回も多くの方々に支えていただきこのような機会をえられたことに本当に感謝しています。
僕らを夏油へと導いた張本人の友人MAB。
彼が、15年以上通っているからこそこの企画が成り立っています。

ぽっと来てこんな企画は成り立ちません。
夏油高原スキー場のスタッフのみなさん。パトロールのAさん。
営業のSさん。索道の方々。宿のシェフとフロントのYさん。カフェのC兄弟。

裏夏油会の皆さん。特にCさんには感謝です。
Cさんは、僕らの案内を完全ボランティアでしてくれています。

そして、こういう機会を作ってくれているスノースタイル。
カメラマンの板倉さん。

そして、ライダーの3人本当にありがとう!

僕らの妥協を許さない物作りやプロダクトテスト。誰も最後まで手を抜かない撮影は、必ず僕らを成功へ導いてくれると信じています。

DSC00148
吹雪の中、スキー場営業前から撮影スタートDSC_0641
DSC00052
DSC00098
尚輝立ちごけ
DSC00111
DSC00113
板倉カメラマン、尚輝を撮影風景
DSC00146
DSC00190
裏夏油会の皆さん
DSC00240
ヤスノブ、ゲレンデ内遭難
DSC00428
テツ雪庇飛び。そしてアゴ負傷
DSC00440
尚輝雪庇スラッシュ。新しい試み!
DSC00444
企画は成功。尚輝はやられて負傷。
DSC00627
裏夏油をこのクルーで制覇
DSC00093
最近人気のTRITON。シンプルでハイクオリティがその秘密か?