星ケン
いきなりのタイトルですが、快挙です。
TRITONのライダーの星ケンこと星☆賢治がなんとJSBAの雑誌「雪坊主」の表紙を飾りました。
10月号のスノースタイルに付録として付いてます。または、スノーボードショップにも置いてあると思います。みなさん取りに行きましょう!

星ケンはTRITONがスタートした時からのライダーで、もう10年の付き合いになります。
つまりTRITONもひっそりと10周年です。リトルビーとしての2つ目のブランドも10年を迎えられたことも合わせて快挙ですけどね。(普通なかな続かないのが世の常みたいです。)
まあ、それはさておき、星ケンの話に戻りますが、
この雑誌は、JSBAの公認のプロ資格がある人しかもちろん表紙を飾ることができません。
どんなに有名でも、このプロ資格がなければ、この雑誌に載ることができないのです。
(この資格には賛否両論があるのも事実です。)
でも、星ケンは最後までこの資格にこだわってスノーボードをつづけていました。
しかもハーフパイプで、プロ資格を取ることに。(どうも人には言えない約束があったらしい。それは、ここでは書けないですけどね。)

でも、努力に努力を重ねていた星ケンにはその日はなかなか訪れませんでした。
後輩たちもどんどんプロに昇格して行きました。

僕も、少し、あきらめていました。星ケンのプロ昇格は無理なんじゃないかと。
多分、本人も少しあきらめていたかもしれません。

でも、その日は突然やってきました。
南郷での大会に出場した星ケンは、アマ戦を勝ち上がり、
日曜日のプロ戦への切符を手にします。
その段階で応援に行こうとも思ったのですけど、緊張されても困るので、やめました。
そして、連絡を待つことに。
そして、アマチュアの星ケンはプロ戦で決勝に勝ち上がり、なんと入賞!
晴れて、プロの資格を手に入れました。
(その日は、星ケンであって星ケンではない何かが付いていたそうです。そんなことってあるんですよね。)

電話で、少し、涙か出そうになったのを覚えています。

そんな星ケンも今やリトルビーのライダー達のまとめ役でもあります。
若いライダー達からも慕われています。
たまにからかわれてもいますが。

見た目はちょっと怖いですけど、几帳面でお洒落、人一倍働くいい男です。
そして、なにより努力を惜しみません。

そんなライダーはあまり見たことありません。

もちろんスノーボードも結構上手いねって(笑)最近評判です。

この雑誌は、10部ぐらい星ケンに送ろうと思います。
まっててね!星ケン!

これからもがんばれ!

こちら星ケンのブログ!
「なんちゃってで行こう!」
ちなみにこのトップの写真は僕が撮りました。
ちょっと怖いね!

http://ameblo.jp/kj-star2/