さて、25〜26歳だった僕らは、今はそれぞれの道を歩んでいる。ご存知の方も多いと思いますが、僕は、勤めていた会社が倒産し、取り扱っていたブランドrewind(カナダ)も資金難で倒産。半年後、オリジナルブランドrewを立ち上げ、8年目を迎える。現在は、rew(aa),triton, fonica cc, volume gloves を取り扱っている。

Uさんは、米国駐在後日本に戻り、販売不振だったfulxバインディングを再建。某車の友社のES事業部の総責任者となった。flux, inf snow, newtype, negril,X5などを取り扱う。会社員として成功をおさめている。
今シーズンもお世話になります。flux様!

見た目は中国人みたいなCさんは、アメリカで、いろいろ仕事をしていたようだが(古着屋が捨てた、古着の中から、使えそうな物を拾ったり)上手く行かず帰国。その後、友人と、インターネットでスノーボードの並行輸入販売をスタートしたが、儲からず、サーバー自体のレンタル(ホスティング)を始める。そのビジネスが軌道に乗り、その後、その会社を上場する。今や渋谷のセルリア○タワーにオフィスを構える、上場会社の副社長。さらに別のIT系会社の社長も務める。

1990年台のカリフォルニアを楽しみ、必死になって働き、スノーボードのことばかり考えていた3人も、後数年で40歳になる。
世の中企業ブームで、誰も彼も企業する時代。テレビを見ても成功していくら儲かったって金の話ばかり。
でも、何か忘れている様な気がする。
少なくとも、あの頃、この3人は楽しく一生懸命仕事していた。お金のことや、成功したいなんて話を一度もしたことがなかった。スノーボードのことや、もっと良い製品を作りたいって話ばかりしていた。一生懸命働いていたら、今の自分があるって感じだと思う。別にこうなりたいって思ってなったわけではないと思う。