今日、紹介するのは、僕の愛用のサーフボード。サーフボードって結構難しいのでよくわからないところがあるけど、こんなサーフボードを使っています。
justis
最近メインに使っているのが、JUSTIS(ジャスティス)って日本のブランドの板。
シェイパーは、田島さんって人。サイズは、6’1 x 47cm x 5.7cm。
デザインは自分でオーダーしたので、僕がデザインしました。まあまあ気に入っています。
次は、もっといいデザインにしたいなーと思っているところ。
この板は、浮力もあって、テークオフも早くて、普通に乗りやすい。
最近、調子いいのでかなり気に入ってます。ちなみにSMUG佐久間氏のアドバイスによりオーダーしました。

falcon

この板は、IN SIGHT(インサイト)ってオーストラリアの板。
シェイパーはトーマス。サイズは、6’1 x 47cm x 5.7cm。
僕の体重と、身長で考えるとすこし浮力が強すぎると思うだけど、
そんなことなくて、かなり乗りやすい板。昨年まで調子が悪かった時、ウィングクラフトの
今井社長に「だまされたと思って乗ってみなよ!」って言われて購入。
それから、結構上達したと自分では思っている。こないだのバリでリーフにこすって裏にかなりの傷を負ったけど、現在は修理終了。この板は乗りやすいしテークオフもかなり早いので、僕みたいなサンデーサーファーにはおすすめ。

master
次の板は、最近購入したIN SIGHTの小波用ボード。ほんとはSIMON ANDERSONって板が欲しくてわざわざ代理店の人を紹介しもらって、直接見に行った。だけど、欲しいサイズがなかったのであきらめた。でもやっぱり欲しくなって、またIN SIGHTの板を買っちゃいました。
これは、IN SIGHTの中の小さい波用の「マスターブラスター」ってモデル。
サイズは5’11x 47cm x 5.6cm。前のボードより回転性はいいので、トップのアクションとかの練習に使いたいと思ってます。
IN SIGHTの代理店インターフレームの植田さんにはお世話になりました。ありがとうございます。又、お願いします。(笑い)興味のある人はどうぞ! http://www.interflame.com

サーフボードも、スノーボードも同じで、専門家のアドバイスを聞いて道具を選んでほしい。それが、上達への近道だから。決して独りよがりで、インターネットとかで道具を買わないでほしい。スノーボードショップやサーフショップへ行って、直接話を聞いて、自分のレベルを話して、道具を選んでもらいたい。確かに値段が少し高くなってしまうかもしれないけれど、その方が上達が早いから。上に書いたように、僕は、サーフィン十年以上やっているけど、未だにショップの人アドバイスを聞いて、サーフボードを購入してます。
最近、ショップに所属するのもいやがる人もいるけど、ぜひショップの人の話を聞きに店に足を運んでほしい。結構いろいろ情報もらえるし、新しい友達が出来たり、いいことあるからさ。

みんな「ショップに行こう!」ってことで!
REW/TRITON/VOLUMEを見にショップへ行こう!