サンハウス







今日紹介するのは、みんな知らないと思うけど、「サンハウス」ってバンド。
簡単に説明すると、シーナ&ロケッツの前身のバンド。っていってもわからないか。
鮎川誠って言ってもわからない?まあとにかくすごいバンドなんです。
このバンドがいなかったら、ルースターズもミッシルガンエレファント、ブルーハーツ、
ピローズ、チェッカーズ、モッズ、ARBとにかくほとんどのバンドも存在しなかっただろう。
つまり、日本のロックの方向性を決めたバンドなんだなー!
僕は、リアルタイムで見たことはないんだけど、ルースターズがサンハウスの曲をカバーしたり、ボーカルの菊が、いろいろなバンドに詩を提供しているので、初めて知ったバンド。
若い頃、僕は、菊の声が受け付けられなかったんだけど、少し大人になってから聞いた時ノックアウトされたのを覚えている。
うねるようなサウンド、鮎川の骨太で、すかすか感のあるギター。とにかくかっこ良かったなー。
歌詞の世界も独特で、「借家のブルース」とか「レモンティー」とかなんだか菊ワールドって感じ。1970年〜1978年まで活動したけど、売れなかったみたい。これこそ、早すぎたって感じだろうね。
でも、サンハウスが、創った『メンタイロッック』の地盤の上に、僕の尊敬するルースターズ、
陣内のロッカーズ、ARB、アクシデンツ、プライベーツ,チェッカーズその他多くのバンドが登場したんだと思うと、このバンドを聞かなくてはいけないと思う。
だから、これを読んだら、まずアマゾンでCDを買うべし。
「SONHOUSE TWIN PERFECT COLLECTION」って2枚組のベスト盤が出ているので、ぜひ買ってほしい。スノーボードで日本のロックを使っていろいろやってるグループの’ファーストなんとかとか’にはぜひ聞いてほしいね。サンハウスしらないで、「ブルーハーツ好きです」って普通恥ずかしくて書けないよ。僕らの世代はだけどね。(笑い)

ちなみに僕が、なんでこのブログをやっているかと言うと、日本にもみんなが知らないいいバンドがたくさんいることを知ってほしいから。そして、CDを買ってほしい。これが、僕を育ててくれた日本のロックに、僕が出来る唯一の恩返しでもあるんだ。
そして、本物のロックを聴いてい欲しい、本物と、偽物を見極めてほしいんだよね。
スノーボードウェアでもデザインを真似したりとか、コンセプトを真似したりとかしている偽物ブランドいっぱいあるけど、本物を見極めて選んでほしい。
音楽もスノーボードも同じで、知識がないと、偽物をつかまされる可能性が増えるからね。
そのお手伝いが出来れば、このブログの存在価値はあると思う。