heavysnowker

スノーボードブログ | rew outerwearや、TRITON BASICS TKY、VOLUME Gloves,などをデザインするakila30のブログが登場!

    rewデザイナーのブログ 「ロックで行こう!!」

    rewデザイナーのブログ 「ロックで行こう!!」タイトルロゴ画像

    景色
    いつもハロルド宮本の「電動スケベ椅子」に押されっぱなしなので、一発逆転を狙って、新カテゴリーの業界裏話のタブーに挑戦だぜー!このブログについての否定的攻撃は一切削除します。あくまで僕の個人的見解なので!卑怯者っと言われてもいいのだ!過激に攻めるぜ!それがヘビ−スノーカーだからだ!(勝手に思っている)
    さて本題!業界ってどうなってるのって感じですけど僕が知ってる範囲で書いてみます。
    超大物の3人は置いておきます。まあ年も年なのでいいでしょ。
    若手って言っても若くないけど、現在のスノーボードの業界を作ってきた人を紹介して行きます。
    もちろん僕もかなり尊敬していますし、会ったときはもちろん直立不動で挨拶してます。最近の若いやつは全然挨拶しないけどね。
    まずYT○の社長のソ○さん。この人はすごい。何がすごいって、ヒットブランドの数がすごい。ツイスト、アグレッション、アーネット、リッチマン、NIXONなど。多分この人に逆らえる人はいないし、大物ぶらないところがカッコイイ。以前、ARB,ルースターズのライブで偶然会ったときも気さくに話してくれたし、見た目もダンディーでカッコイイ。ソ○さんが覚えているかわからないけど、以前、REWを始める前にスポンサーを探していたとき「うちでやりなよ!」って軽く言ってくれた。とってもうれしかったのを覚えている。涙でそうになった。結局自分でやることにしたんだけどね。又NIXONよろしくお願いします。
    それと代官山のオフィスもすごいだよね。うちのオフィスとは大違いだった。ちなみに僕は筋金入りのNIXONファンです。カッコいいよねNIXON。何個あってもいいって感じ。

    二人目は、ハロルドさん、いつもふざけてるけど、ビジネスマンぶりもすごい。ヒットブランドはソ○さんに負けてない。フラックス、ディビジョン23、スペシャルブレンド、フォーラムなどなど。これらのブランドがなかったら、日本のスノーボード業界は変わっていたでしょってブランドばかり。でも失敗作も多く
    プレンク、ドラッジ、インラインスケートなどなど、多分もっとあると思う。多分自分で書き込みしてくれるでしょ。(笑い)僕は、ハロルド氏に少し恨みを持っています。まじで。(笑い)以前車の友社で働こうって思って面接受けたんだけど、あっさり不採用。そのとき面接したのが何を隠そうハロルドなのだ!本当にひどい人!!でも面接中に給料安くて引いてしまったからしょうがないか。また、この人も偉ぶらない。紳士な変態ですね。かなり尊敬してます。

    ちなみにどっちの人をより尊敬しているのか?と聞かれれば誘ってくれた人と、落とした人ですから答えは簡単ですね。(笑い)冗談です。

    最近のブランドにはパッションと謙虚さがないブランドが多いんだよね。まあこの人たちを見習ってほしい。 
              次回につづく!つづくよ!次回に乞うご期待!


    mfd
    今回はヘビースノーカー リニューアル記念と言うことで、編集長のOZAさんのバンドmfdを紹介するぜ!!昨日は’パクリの話’で盛り上がったので、今日もよろしく!!

    なんでスノーボードマガジンの編集長がバンドマン?って思う人がいると思うんだけど、僕にも結構謎なんです。多分、スノーボードもやるしバンドもやるしって感じだと思う。

    ところで、最近滑ってんのかなー?OZAさん。ドーデスカー!!

    さて、本題です。
    mfdに出会ってからもう多分4年ぐらい立つと思うんだけど、初めは、普通のアマチュアバンドって感じだった。そしてあれよ、あれよってうちにCD発売。ツアーまでやるようになっちゃった訳。

    最近ちょっと人気もあるみたい。ちょっとビッグ!!こないだもカフェインボムレコードのイベントを見てきたんだけど、確実に上手くなってきてると思う。特にギター(OZA編集長)は上手くなっていると思う。

    ドラムの人は、こないだ見たら足にタトゥーが入ってた。(確実にロッカーになってきている。)

    OZA編集長は自らナオキ(exラフィンノーズ,コブラ)フリークって言うほどの男。
    まさにフリークって感じのギター弾くのよ。最近あんまり省略コード(正しい?)をスライドさせてる人って見ないよね?まさにスライドさせてるのよ。ナオキみたいに!これこそパンクって感じ!

    サウンドはどんな感じかと言うと、気取らないメロコアパンクって感じ。3ピースのところもカッコイイ!難を言えば、歌詞が英語なので意味が分からない。日本語ならばもっとよしって感じ。

    今度、うちの谷口尊人プローデュースのDVD『ピーカン』でmfdの曲が使われてるらしいので是非、DVDを買ってmfdをチェック。そして気に入ったらCDを買って。さらに気に入ったらライブに行ってみよう。

    ロックはライブが一番ですからね。みんな、夏はロックだ!ライブに行こう!!
    夏フェスっていっぱいあるよね。行きたいけど熱そうだなー。

    これがmfdのファーストCD「show the wallet」
    show the wallet
    mfdオフィシャルサイト

    カタログ

    rew/triton/volumeのカタログが完成し、各ショップに発送完了しました。
    数に限りがあるし、豪華版なので早めにゲットしてね!
    それから一人一冊でお願いします。それと、ヤフオクで売っちゃだめよ!

    今年からいろいろ情報が満載だし、今年はなんとカラー写真でウェアを紹介してます。
    去年までイラストだけだったので見やすさ100倍でしょ!
    「出来るならやれよー」って声が聞こえてきそうだけど、これを作るのは大変なのよ。
    写真も撮らなきゃいけないし、どのカラーを撮影するか決めなきゃいけないしね。
    カラー多いんだもの!って自分でデザインしてるんだけどね。

    今回のカタログは、rewのカタログは僕自らがデザインしてます。機能説明、小物まで写真で紹介してます。以前リトルビーで働いていた○藤君のアイディアです。僕は、めんどくさいからいやだって言ったんだけど、やるって言うんで二人でがんばりました。

    tritonは田中ミホさんってデザイナーがデザインもして写真も撮ってます。彼女は奨学金でイギリスのアートスクールに留学していたほどの将来有望なデザイナーさんです。そうそう、テディーのTシャツも彼女のデザインです。

    最後にvolumeのカタログはダブルオーエイトってデザインユニットの二人が全て作ってくれています。
    彼女達は、とってもパワフルですごい才能の持ち主でちょっと変わり者の二人です。(いい意味で)カタログの中のモデルのポーズも彼女達のアイディアです。結構いいでしょ?
    最近、そのうちの一人が僕が欲しがってるBMW120iを買った。ちょっとうらやましーって感じ。
    もう一人もシトロエン(マニュアル)を買って乗りまくってるらしい。ねちょっと変わってるでしょ。彼女達はカフェもやってるのでよろしく。
    http://cafe8.jp/

    まあ、つまり、心ない人もいるけど、いろいろな人に助けられて、僕らのブランドは成り立ってるんです。皆さんこれからもよろしく!ってことで。でも最近、女性の力ってすごいね。最近気づいたんだけど、僕らのブランドって僕とパタンナー意外ほとんど女性によって作られてるんです。だから、いいウェアを作れてるのかもしれないね。女性の能力って高いからね。それと、最近だめな男が多いからね。
    これは、ストレートアウトのケンジ店長も言っていたね。
    これからは女性の時代だね!!

    the mods
    最近ロックネタになるとみんなの反応が鈍いのは気のせいだろうか?
    いや、確かにそんな気がする!!みんなもっとロックしろ!!
    豆腐もいいけどロックだぜ!!←お前が書いたんだろ!(のりつっこみ)だってここは「ロックで行こう!」何だぜ。
    てな感じで今回は博多のメンタイバンドで現在も活動中のTHE MODSだ。
    メンタイバンドのほとんどは解散してしまったのが現状だけど、今も変わらずロックし続けてる姿勢はカッコイイ。完全にレジェンド状態です。正統派のメンタイロックではないけれど、
    確かにメンタイロックと思っています。サンハウスのBとDrも元モッズだったんだから。確かね。
    何を隠そう僕が最初に始めたバンドで、初めてコピーしたのがこのMODSの曲でした。
    「ごきげんRADIO」「TWO PANKS」「Let's go ガレージ」だったような気がする。初めて聞いたとき完全にやられたしまった。多分「テレビ神奈川のファイティング80’」って番組で見たんだと思う。Voの森山が病的な感じのメークで、黒い皮パンはいてテレキャスター弾いてシャウトしていたの覚えている。あれで森山と同じテレキャスターをバンドのギターから借りパチしたのを思い出す。たしか返したと思うけど。ライブもカッコいいんだよね!最近見に行ってないけど、今度行ってみようと。「激しい雨が」でブレイクして、次に「バラッドをお前に」がテレビドラマのテーマソングになってさらにブレイクして、その頃からあんまり聞かなくなった様な気がする。
    「崩れ落ちる前に」とか名曲ですよね、みなさん!
    「THE MODS BEST“Records” 」ってベストが出ているのでそれから聞くのがよいと思う。
    是非、聞いてみてくれ!どんな感じとか聞かれてもMODSはMODSって感じ。そんな感じなんだ!
    同じ頃うじきつよしの子供バンドにもはまってたな。前にテレビで、チャーにうじきが「ギター弾いてみろ!お前ギター弾いてないだろ!」って言われたました。余談ですが。
    森山
    http://www.themods.jpURL

    豆腐
    最近、忙しくてブログの更新があまりできていませんが、楽しみにしている人もいると思うので、
    今日は更新です。まあいなくても更新するけどね!

    今日紹介するのは、ロックな豆腐の面々!
    この豆腐を作っている三和豆友食品株式会社と言う会社で、かなりロックなホームページを持っているのだ。
    http://www.sanwatouyu.co.jp

    そして、この会社が作っている豆腐がロックなネーミングもさることながら、美味いのだ!!僕もかなりはまっている。豆腐と言うと、ちょっと親父臭いが、だまされたと思って食べて欲しい。
    僕とこの豆腐との出会いは、今年一月に受けた健康診断にさかのぼる。
    「いつもの通り’A’に決まってる。問題ない。」と高を括っていたんだけど、書類を開けてみてびっくり’E'。なんと高コレステロールで再検査!!体重も62.5kgとベストとはほど遠い状態。
    これをきっかけに肉体改造に着手!ダイエットに成功し現在の体重56.5kg!!
    そのときに食事を肉中心から、魚と、豆腐、納豆中心に変えたのだ!!
    そのときまさに出会ってしまったのだ。
    ダイエットの話はまた次回するとして、とにかくこの豆腐を食ってみてくれー!
    通販でも買えるみたいだし、僕は、近所のヨー○ドーで買ってます。
    お薦めは、「男前豆腐」「やっこ野郎」。
    この会社うちのチームサポートしてくれないかなー!
    現物支給でいいので!(笑い)
    知っている人いたら紹介してー!
    また、くいたくなってきたー!!!



    今日、紹介するのは、僕の愛用のサーフボード。サーフボードって結構難しいのでよくわからないところがあるけど、こんなサーフボードを使っています。
    justis
    最近メインに使っているのが、JUSTIS(ジャスティス)って日本のブランドの板。
    シェイパーは、田島さんって人。サイズは、6’1 x 47cm x 5.7cm。
    デザインは自分でオーダーしたので、僕がデザインしました。まあまあ気に入っています。
    次は、もっといいデザインにしたいなーと思っているところ。
    この板は、浮力もあって、テークオフも早くて、普通に乗りやすい。
    最近、調子いいのでかなり気に入ってます。ちなみにSMUG佐久間氏のアドバイスによりオーダーしました。

    falcon

    この板は、IN SIGHT(インサイト)ってオーストラリアの板。
    シェイパーはトーマス。サイズは、6’1 x 47cm x 5.7cm。
    僕の体重と、身長で考えるとすこし浮力が強すぎると思うだけど、
    そんなことなくて、かなり乗りやすい板。昨年まで調子が悪かった時、ウィングクラフトの
    今井社長に「だまされたと思って乗ってみなよ!」って言われて購入。
    それから、結構上達したと自分では思っている。こないだのバリでリーフにこすって裏にかなりの傷を負ったけど、現在は修理終了。この板は乗りやすいしテークオフもかなり早いので、僕みたいなサンデーサーファーにはおすすめ。

    master
    次の板は、最近購入したIN SIGHTの小波用ボード。ほんとはSIMON ANDERSONって板が欲しくてわざわざ代理店の人を紹介しもらって、直接見に行った。だけど、欲しいサイズがなかったのであきらめた。でもやっぱり欲しくなって、またIN SIGHTの板を買っちゃいました。
    これは、IN SIGHTの中の小さい波用の「マスターブラスター」ってモデル。
    サイズは5’11x 47cm x 5.6cm。前のボードより回転性はいいので、トップのアクションとかの練習に使いたいと思ってます。
    IN SIGHTの代理店インターフレームの植田さんにはお世話になりました。ありがとうございます。又、お願いします。(笑い)興味のある人はどうぞ! http://www.interflame.com

    サーフボードも、スノーボードも同じで、専門家のアドバイスを聞いて道具を選んでほしい。それが、上達への近道だから。決して独りよがりで、インターネットとかで道具を買わないでほしい。スノーボードショップやサーフショップへ行って、直接話を聞いて、自分のレベルを話して、道具を選んでもらいたい。確かに値段が少し高くなってしまうかもしれないけれど、その方が上達が早いから。上に書いたように、僕は、サーフィン十年以上やっているけど、未だにショップの人アドバイスを聞いて、サーフボードを購入してます。
    最近、ショップに所属するのもいやがる人もいるけど、ぜひショップの人の話を聞きに店に足を運んでほしい。結構いろいろ情報もらえるし、新しい友達が出来たり、いいことあるからさ。

    みんな「ショップに行こう!」ってことで!
    REW/TRITON/VOLUMEを見にショップへ行こう!


    サンハウス







    今日紹介するのは、みんな知らないと思うけど、「サンハウス」ってバンド。
    簡単に説明すると、シーナ&ロケッツの前身のバンド。っていってもわからないか。
    鮎川誠って言ってもわからない?まあとにかくすごいバンドなんです。
    このバンドがいなかったら、ルースターズもミッシルガンエレファント、ブルーハーツ、
    ピローズ、チェッカーズ、モッズ、ARBとにかくほとんどのバンドも存在しなかっただろう。
    つまり、日本のロックの方向性を決めたバンドなんだなー!
    僕は、リアルタイムで見たことはないんだけど、ルースターズがサンハウスの曲をカバーしたり、ボーカルの菊が、いろいろなバンドに詩を提供しているので、初めて知ったバンド。
    若い頃、僕は、菊の声が受け付けられなかったんだけど、少し大人になってから聞いた時ノックアウトされたのを覚えている。
    うねるようなサウンド、鮎川の骨太で、すかすか感のあるギター。とにかくかっこ良かったなー。
    歌詞の世界も独特で、「借家のブルース」とか「レモンティー」とかなんだか菊ワールドって感じ。1970年〜1978年まで活動したけど、売れなかったみたい。これこそ、早すぎたって感じだろうね。
    でも、サンハウスが、創った『メンタイロッック』の地盤の上に、僕の尊敬するルースターズ、
    陣内のロッカーズ、ARB、アクシデンツ、プライベーツ,チェッカーズその他多くのバンドが登場したんだと思うと、このバンドを聞かなくてはいけないと思う。
    だから、これを読んだら、まずアマゾンでCDを買うべし。
    「SONHOUSE TWIN PERFECT COLLECTION」って2枚組のベスト盤が出ているので、ぜひ買ってほしい。スノーボードで日本のロックを使っていろいろやってるグループの’ファーストなんとかとか’にはぜひ聞いてほしいね。サンハウスしらないで、「ブルーハーツ好きです」って普通恥ずかしくて書けないよ。僕らの世代はだけどね。(笑い)

    ちなみに僕が、なんでこのブログをやっているかと言うと、日本にもみんなが知らないいいバンドがたくさんいることを知ってほしいから。そして、CDを買ってほしい。これが、僕を育ててくれた日本のロックに、僕が出来る唯一の恩返しでもあるんだ。
    そして、本物のロックを聴いてい欲しい、本物と、偽物を見極めてほしいんだよね。
    スノーボードウェアでもデザインを真似したりとか、コンセプトを真似したりとかしている偽物ブランドいっぱいあるけど、本物を見極めて選んでほしい。
    音楽もスノーボードも同じで、知識がないと、偽物をつかまされる可能性が増えるからね。
    そのお手伝いが出来れば、このブログの存在価値はあると思う。




    このページのトップヘ