heavysnowker

スノーボードブログ | rew outerwearや、TRITON BASICS TKY、VOLUME Gloves,などをデザインするakila30のブログが登場!

    rewデザイナーのブログ 「ロックで行こう!!」

    rewデザイナーのブログ 「ロックで行こう!!」タイトルロゴ画像

    前回は、レイヤリングについて、書きました。
    今回は着てはいけないものについて書いていきましょう。
    1.綿(コットン)素材のTシャツ、パーカー、トレーナー
    何度も書いているのですが、綿(コットン)素材で作られているものは、
    rew/TRITON のウェアの下には、絶対に着ては行けません。
    (他のブランドのウェアのことは知りませんw)
    綿(コットン)素材の衣類は、
    汗を吸って、吸って、吸って→そのまま蓄えていきます
    →そして、冷えて、体の体温を奪います。
    せっかく、rew/TRITONのウェアを買ったに宝のもちぐされに
    なってしまいます。

    2.ヒ○○テック
    調べてみると「ヒ○○テック」は以下の素材をブレンドした生地で作られています。
    34%ポリエステル ○
    これはアンダーウェアとしては良い素材。
    34%レーヨン X
    レーヨンは、汗を吸う力が強く、蓄えるのも得意な素材。
    そして、乾くのが遅いのが特徴。
    それではなんで使っているのかというと、
    レーヨンは、「肌触りがよい」そのためにブレンドしていると思われます。
    27%アクリルX
    静電気が起きやすく、吸水性、保湿性が無い。
    ダメ中のダメなそざいです。
    風合いとか保温のために入れてると思われる。
    5%ポリウレタン○
    ストレッチ性を持たせる素材。
    結論としては、50%以上が適していない素材で作られてるので、
    スノーボードウェアの下着としては使えないと思います。
    (これは僕の知識なので、間違えてるかもしれません。
    もっと知りたい人は検索して調べてみてください。)

    3.ボンディングパーカ、ボンディングトレーナー
    これが、中に着るには最悪のウェア(スノーボードウェアでは無いんだけど)です。
    多くのスノーボードブランドが作っているもの?なんでかはわかりませんw
    何が悪いかというと、構造的と素材的に最悪です。
    価格を安くするために、防水性が高く、透湿性が低い素材を使用しているものが多い。
    つまり、rew/TRITON X GORE-TEXの特徴である、透湿性を完全に殺してしまいます。
    防水フィルムというのは、透湿性が低ければ、低いほど、価格が安いので、
    価格が安いボンディングパーカ、トレーナーには、安いフィルムが使われていると
    容易に想像できます。
    つまりrew/TRITONのウェアの中には絶対に着てはいけないものです。
    (他のブランドのことは知りません。)
    さらに縫い目にシームテープもしてないので、
    ウェアとしては使えません。悪しからず。
    とにかく、rew/TRITON X GORE-TEXのウェア買ったら、ボンディングパーカーと
    トレーナーは入りません。春でもGORE-TEXと多彩なベンチレーションで、
    快適に滑れます。


    今回書いたことは、あくまで、僕の考えなので、他の考えのブランドもあるかもしれません。
    他のウェアを着ている方は、そのブランドに聞いてみてください。

    前回アンダーウェアのことを紹介したら、結構売れて、完売のサイズも出てしまいました。
    購入お考えの方は、お早めにどうぞ。
    http://littleb.shop-pro.jp
    メンズトップスのMサイズは完売しました。(次の入荷は未定です)

    最近、「rew/TRITONのGORE-TEXのウェアの中に何を着れば良いですか?」
    という質問を多く受けているので、
    こちら解説していこうと思います。
    まず大前提!
    以下のものはウェアの中に着てはいけません。
    1.綿の素材の物 
    それに当たるのが、普通のTシャツ、トレーナー、パーカーですね。
    2.なんとかテック
    超有名な街用の薄手の天然素材入りの下着。
    3. ボンディングパーカー
    最近流行りのアウター。
    理由は、また今度説明します。長くなるので。

    それを踏まえて、以下のものを着ると
    あたたかくて、蒸れなくて、動きやすいです。
    1. 1st レイヤー 
    th_リトルビー 12171113_リトルビー 12181325
    リトルビー 12181332
    リアリティーベースレイヤー
    こちらは、ポーラーテック 社製のパワードライという素材を使った
    ベースレイヤー。
    ストレッチ製に優れ、あたたかくて、蒸れない
    僕が今まで着た中で最高の素材です。
    さらによいのが、耐久性が高く長持ちします。
    ライダーの原田尚輝プロは、街にいる時も冬の間は、毎日着てるそうですw
    それくらい良いのです。
    http://littleb.shop-pro.jp/?pid=82160400
    http://littleb.shop-pro.jp/?pid=82162392

    2.2nd レイヤー
    th_リトルビー 12171110_
    リトルビー 12181320
    リヤリティーフリースミッドレイヤー
    こちらは、ポーラーテック 製のパワーストレッチプロという
    素材を使った、フリースのジャケット。
    これよりよいフリース素材(ジャケット)はあまり見たことない。
    ストレッチ製が優れ、保温性も優れています。
    耐久性もかなり高い。
    http://littleb.shop-pro.jp/?pid=82162616


    この上にrew/TRITONのウェアを着れば、一番快適に
    スノーボードできます。
    さらに寒い場合はこちらを着用します。
    3.3rdレイヤー(こちらは寒い時に追加します。)
    th_リトルビー 12171108_
    リトルビー 12181321
    リアリティーベスト
    こちらは、PRIMALOFT GOLDというダウンと同等のあたたかさをもつ
    中綿を使用した、ベストです。
    このベストはあたたかくて、軽くて、動きやすいので、一枚持っていると
    便利です。ちなみに僕は普段でもよく着ています。

    一応簡単ですが説明してみました。
    rew/TRITONのウェアを購入したら是非揃えて欲しいアイテムです。
    びっくりするほど快適にスノーボードできますよ。

    尚、こちらは飽くまで、デザイナーである僕の個人的な見解です。
    別の考え方の方もいると思います。

    DSC_0535

    ブログの更新サボりすぎですね〜wまだやってますよ〜。

    2015年4月にデザインをスタートし本当に長い道のりでしたが、
    16-17rew,TRITON,VOLUM,FRHの全ての商品のデリバリーが開始です。思えば、僕は、1年7か月の長い間この製品達をパソコンの画面上や、工場で、見てきました。やっと、みなさまの手にお渡しする時がやってきました。品質、デザイン、カラー、お客さまが気がつかないであろう細かいところまで、妥協せずに作り込んであります。何どもサンプルを作り、ミリ単位の修正を繰り返し、テストして、手直しを繰り返してきました。是非、スノーボーダーのみなさんが、一度でもリトルビーの製品をチェックしてもらえることを楽しみにしています。クオリティー、ウェアの着心地、グローブのはめ心地は、世界でもトップクラスと自負しております。みなさま、機会がございましたら、リトルビー製品をお手にとってみてください。作り手の熱い思いが少しでも伝わったらと思います。そろそろ雪も降り始めていますよ。シーズンはすぐそこまで来ています。 

    17-18のデザインとか、カタログ号の広告なと全て終了させ、
    現在17-18のサンプル待ち、16-17は生産待ちの状態ということで、
    少し早い夏休みをいただきます。
    こちらへ行ってきます。今回も相棒はこちら
    IMG_2538
    IMG_2449

    このページのトップヘ